Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

【畳の処分】5つの方法と費用をご紹介【スッキリ解決】

畳の処分方法と費用

 

リフォームで要らなくなった畳の処分方法に困っています。どうやって処分すれば良いのか、また費用についても教えて欲しいです。

今回はこんな質問にお答えします。

 

先にざっくり結論をお伝えすると

実は「各自治体や業者さんによって、処分方法や費用は異なるので、正確に知りたい方は、電話をかけて確認されるのがいちばん確実。」

て事なんです。

 

とはいえ、皆さんが知りたいのは『どんな方法で処分ができるのか』『どれくらい費用がかかるのか』だと思いますので、参考までに本記事にまとめているのでご覧ください。

 

 

畳を処分する方法には5つある

 

例えば、畳からフローリングにDIYすると、不要になった畳の処分に困りますよね。

具体的には

  • どこに持って行ったらいいの?
  • 業者さんに頼めば引き取ってもらえるの?
  • 可燃ゴミで出してもいいの?

などですかね。

そこで先ずは、畳みの処分にどんな方法あるのか順番に解説していきます。

 

可燃ゴミとして処分する方法

先ず一つ目は、可燃ゴミの日に出す方法です。

 

でも、畳なんてゴミ袋に入らないのにどうやって捨てるの?

 

もちろん、畳をそのまま収集してくれる自治体はほとんどありません。

そこで、畳を小さくカットしてゴミ袋に入る大きさになるまで切断することで、収集してくれる自治体もあるんです。

 

とはいえ、何枚もカットするとなればかなりの労力ですが、体力に自信がある方はチャレンジしてもいいかもしれませんね。

 

粗大ゴミとして処分する方法

二つ目は、粗大ゴミの日に出すという方法です。

お住まいの地域によって「粗大ゴミを回収してもらえる日」というのがあったりしますので、それを利用するのも1つの方法です。

 

そうか、粗大ゴミの日に出せばいいのか!

 

しかし、粗大ゴミの収集日は一年通して頻繁にある訳ではありません。

つまり、不要になった畳を粗大ゴミの日まで自宅で保管しなければならないのです。

いち早く処分したいという方には不向きな方法かもしれませんが、とはいえタイミングさえ合えば使える方法なので、次の粗大ゴミの収集日は確認しておきましょう。

要チェック

中には、粗大ゴミで畳を回収してもらえない地域もあるので、一度「ゴミ収集カレンダー(分別表)」を確認してみてくださいね。

 

不用品回収業者さんに引き取ってもらい処分する方法

三つ目は、不用品回収業者さんを利用して処分する方法です。

パソコンで「お住いの地域 不用品回収業者」で検索すればヒットするので、連絡すれば自宅まで回収に来てもらえます。

 

家から出せない場合はどうなの?

 

女性や年配の方だと重い荷物は大変ですよね。

そんな時でも大丈夫!

畳に限らず大きな家具など、運び出しが難しい場合は搬出してもらえるので安心です。

 

とはいえ、業者さんにお願いするともちろん「人件費」などが掛かります。

先ほど紹介した二つの処分方法に比べれば割高になるので、事前に見積もりは取っておくようにしましょう。

 

畳の業者さんに引き取ってもらい処分する方法

四つ目は、畳のプロに依頼する方法です。

畳の引き取りに関しては誰よりも詳しいのではないでしょうか。

とはいえ、引き取りの手間賃や人件費などを考えると、ある程度の費用はかかりそうですね。

 

いくらで引き取ってもらえるんだろう?

 

はい、それは後ほど紹介するとして

とにかく、自分で捨てに行かなくても引き取ってもらえるので、楽に処分できる点は最大のメリットです。

 

クリーンセンターへ持ち込んで処分する方法

最後の五つ目は、自分でクリーンセンターに持ち込んで処分する方法です。

自分で持ち込むだけあって、比較的費用を安く抑えられる点がメリットです。

逆にデメリットは、積み込みが大変ということ。

 

確かに畳は大きすぎて家の車には載らないや。

 

そんな時は、畳を2分の1の大きさにカットすれば大丈夫ですよ。

分厚い畳を切るのは大変そうですが、こちらのジグソーを使えば簡単に切断することができるんです。

本来の使い方ではないかもしれませんが、ジグソーがあれば木工・DIYでも使えるので便利ですよ。

 

畳の処分費用っていくら?

f:id:hiro-secondwork:20200417101407p:plain


それでは、ここからは実際に畳を処分する際の費用について解説します。

 

可燃ゴミで処分する費用

こちらは他の可燃ゴミと同じように、燃えるゴミの日に出すため、畳を小さくカットするための道具さえあれば費用はかかりません。

道具を一から揃えるとなると、どうしても購入費用はかかってしまいます。

 

工具がないと出来ないのか…

 

そんな方には、ホームセンターで工具の貸し出しサービスがあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

 

粗大ゴミの処分費用

費用は自治体によって違いますが、1,000円前後が相場です。

自治体の中には「畳の引き取りを行なっていない所」や「引き取りができてもサイズ指定があったりする」ので、一度お住いの地域のルールを確認しておくようにしましょう。 

 

業者さんに依頼した時の処分費用

業者さんに畳の処分を依頼する場合は、予め費用を確認しておくようにしましょう。

中には高額な費用を請求してくる業者もあるので注意が必要です。

1社だけではなく、最低でも3社くらいに連絡を取って相場チェックをしてからでも遅くはありません。

参考までに、業者によって回収費用が異なるようですが、一枚あたりの目安は『1000円〜5000円程度』が相場と言われています。

より安く処分してくれる業者さんを見つけてくださいね。

 

クリーンセンターの処分費用

お住いのクリーンセンターに持ち込めば、安い費用で処分できる可能性が高いです。

自治体によって費用は異なりますが、キロ単位で処分してくれるところが多いと思います。

僕が住む地域では『90円/10Kg』と格安で処分するこので助かっています。

以前リフォームした時に、畳を8枚持ち込んで処分したことがあるんです。

その畳というのも、中が発泡スチロールで出来ていましてとても軽かったんです。

8枚もあったのに2,000円くらいで処分できましたよ。

畳を処分したい時は、お近くのクリーンセンターへ問い合わせて、いくらで処分できるか聞いてみても良いかもしれないですね。

 

畳を処分する5つの方法と費用【まとめ】

f:id:hiro-secondwork:20200417101352p:plain

 

こちらの記事では、畳の処分方法と費用相場について解説してきました。

不要になった畳をどうやって処分すれば良いのか、お悩みの方も多いと思いますが、費用を安くあげたい方は自分で処分するのが一番です。

とはいえ、畳を小さくカットして指定の大きさにしたり、クリーンセンターに持ち込むというのが大変という方もいらっしゃると思います。

そんな時は業者さんに頼るのが手っ取り早く、しかも簡単に処分できるのでおすすめです。

ぜひ、自分にあった処分方法を見つけてくださいね。