Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

【捨て貼り/根太貼り】フローリングの工法はどちらがおすすめ?

フローリングの下地工法【捨て貼り/根太貼り】

 

フローリングの貼り方には2つの工法があるって聞いたんだけど、DIYするならどちらがおすすめなのかな?

 

こんな疑問にお答えします。

 

結論から先に言うと、『捨て貼り工法』がおすすめです。

 

僕は過去に、DIYで『捨て貼り工法』と『根太貼り工法』どちらも体験しました。

そして、実際に床から足に伝わる感覚の違いを実感しました。

  • 根太貼り工法は、足に跳ね返る感覚で安定感に欠ける
  • 捨て貼り工法は、どっしりとしていて自分の体重をしっかり受け止めてくれる

こんな感覚です。

 

もちろん、プロの大工さんならこうはならないと思いますが、僕のようにDIYでやるとこうなる可能性があるので、今回は【捨て貼り】と【根太貼り】の2つの工法と違いについて解説していきます。

これから自分でフローリングを貼りたいなと思っている方、どうせ貼るなら安定感のある『捨て貼り工法』がおすすめですよ。

 

 

フローリングを貼るときの2つの工法

フローリングを貼る時は、主に2つの工法が使われています。

床をめくった経験がなければ、なかなか見る機会はないと思いますので、先ずはそれぞれの工法の違いをご説明します。

捨て貼り工法とは? 

f:id:hiro-secondwork:20200404225602p:plain


捨て貼り工法は、根太の上に厚み12㎜くらいの下地合板を敷きつけめ、その上にフローリング材を貼っていく工法です。

根太の上に下地合板を貼ることで、フローリング材がたわまず床の強度を高めることができます。

最近の木造住宅の一般的な工法でもあります。

根太の上に直接フローリング材を貼る『根太貼り工法』に比べて、冷気を遮断してくれるので断熱効果も高まります。

根太貼り工法とは?

f:id:hiro-secondwork:20200404225614p:plain


捨て貼り工法に対して根太貼り工法は、根太の上に直接フローリング材を貼る工法です。

根太のみでフローリング材を支える形なので、たわみが発生しやすいというデメリットがあります。

皆さんもギシギシときしむ床を歩いた経験ってありませんか。

昔の住宅に多かった工法ですね。

根太貼り工法は、下地合板を使わないので床下の湿気や冷気が上がってきやすく、断熱効果も捨て貼り工法より劣ります。

 

捨て貼りと根太貼り、DIYならどっちがお勧め? 

f:id:hiro-secondwork:20200404231051p:plain

 

最初にお伝えしたように、DIYでフローリングを張るなら『捨て貼り工法』がおすすめです。

根太貼り工法は、根太に直接フローリング材を貼るだけなので、リフォームする時間や労力、材料費が安く抑えられていいように思いますが、強度は圧倒的に『捨て貼り工法』に軍配が上がります。

せっかくリフォームしたのに、僅か数年でたわみや床鳴りが発生したら「初めから下地合板を貼っておけば良かった」となりますよね。

もう一度やり直すなんて正直大変です。

初めから『捨て貼り工法』でフローリング材を貼る方がトータルコストは抑えられますよ。

自分がそうでしたので(^^)

 

フローリング材を貼るときの2つの工法【まとめ】

f:id:hiro-secondwork:20200404232311p:plain

 

こちらの記事では、フローリング材を貼るときの2つの工法の違いについてご紹介しましたが如何でしたか。

ホームセンターでフロア材を買ってリノベーションされる方も多いと思いますが、自分の過去の経験を踏まえれば、DIYで床張りするなら『捨て貼り工法』がおすすめです。

  • 床がたわむなんて嫌だ。
  • 床鳴りも心配。
  • 少しでも断熱効果を高めたい。
  • どうせなら頑丈でしっかりとした床を作りたい。

こう感じた方は、良かったら『捨て貼り工法』にチャレンジしてみてくださいね。