Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

2×材(ツーバイ材)で作る機能性抜群の木工作業台の作り方

木工作業台の作り方

 

DIYで使える便利な作業台を作りたいんだけど、どうやって作ったらいいのかな?

 

木工・DIYを始めると、少しでも使い勝手が良くて便利な作業台が欲しくなりますよね。

こちらでご紹介している作業台は、ホームセンターで購入できるSPF材で簡単に制作できるので初心者の方にもおすすめです。

作業台の特徴はこちら↓

  • クランプを使った木材固定が容易です。
  • 木材をがっちり固定できるので「カット→部材の組み立て」もしやすいです。
  • 作業台を2台作ればオットマンになるので木材の落下も防げます。
木材を手だけで押さえてカットするのは大変です。
頑張って木が動かないように押さえても動いてしまってカットしにくい。
そんな「DIYあるある」はよく聞く話です。
しかし、僕はこの作業台を使い始めてからDIY作業が格段に向上しました。
 
過去の自分のように便利な作業台が欲しくて困っているという方は、ぜひ作り方を参考にしてみてくださいね。
 
 

木工作業台の手作り材料と道具

まずは、製作に必要な材料と道具をまとめたのでご覧ください。

材料
  • SPF材2×4材
  • SPF材2×6材
  • 塗料(バターミルクペイント、ワトコオイル)
道具
  • コーススレッド
  • インパクトドライバー
  • ノコギリ(ソーガイド  )
  • サンドペーパー(240番)
  • 刷毛

 

 

機能性抜群の木工作業台の作り方

それでは木工作業台を作っていきましょう。

こちらは室内用ですので、お家の一部屋を工房やアトリエにしている方の参考になれば嬉しいです。

作業台の図面を書く  

f:id:hiro-secondwork:20210103004538j:plain

 

制作前にまずは図面を書き出します。

上の画像は僕が作った木工作業台の図面です。

制作する前には予め図面を書いて必要な木材の本数を確認しておくようにしましょう!

僕は、横幅の異なる2台の作業台(W1100㎜とW660㎜)を作りました。

2台作ることで使い勝手が良くなります。その理由はまた後ほどお話しますね。

 

ホームセンターで木材をカット!

作業時間を短縮したいという方は、ホームセンターで木材を購入してその場でカットしてもらうのがおすすめ!
 

ホームセンターにはカットサービスがあって、図面を係りの方に渡すとその場でカットしてくれるありがたいサービスがあるのです。

2×材(ツーバイ材)を全てノコギリでカットするのはけっこう大変です。
少しでも楽して作りたい方は、カットサービスを利用するのがおすすめです。
カットしてもらえば、必要な工程が省けて作業時間の短縮にも繋がるので上手に利用していきましょう。
 

部材のサンディングと組み立て 

f:id:hiro-secondwork:20210103004407j:plain

 

木材の表面はザラザラして毛羽立っているので、組み立てる前にヤスリで綺麗に磨いておく方が良いです。
磨く時はサンドペーパーを使いますが、番手は240番でOK!
表面をヤスリがけすることで、塗装ムラを作らず綺麗に塗ることができますよ。
磨く範囲が広い時は、ハンドサンダーより電動サンダーの方が作業効率が圧倒的に良くなるのでおすすめです。
 
ヤスリがけが済んだら、先ほどの図面を確認しながら組み立てていきます。
組み立てには、コーススレッドという木ネジを使いますが、ビス止めする前に下穴を開けてから行うようにしましょう。
 

お好みで作業台をペイント!

f:id:hiro-secondwork:20210103004216j:plain

ペイントはしてもしなくても良いですが、する場合は組み立てる前に塗っておきましょう。

今回、使用した塗料はこちらの2種類です。

 

  • 脚部には『Old Village』のバターミルクペイント【Picture Frame Cream Color】
  • 天板には『ワトコオイル』の【ミディアムウォルナット】

をそれぞれ塗布しています。

ペイントする時に色の組み合わせを考えるのも楽しいですよね。

 

この作業台が使いやすい理由【特徴と使い方】 

木工をやっていると「カット」「組み立て」「塗装」「乾燥」など、様々な工程があります。工程に応じた使い方が出来るのもこの作業台の特徴です。

  • 2台繋げれば「広い作業スペース」が確保できる
  • カットした直後の「木材の落下」を防げる
  • ノコギリで切る時に木材の「固定が容易」にできる

広い作業スペースを確保

f:id:hiro-secondwork:20210103013537j:plain

 

同じ作業台を2つ作っておけば、繋げて広々スペースを確保することができます。

スペースが広いと「組み立て」や「塗装」など作業も楽チンです。

部屋の広さに余裕があれば何台か作っておくといいかもしれませんね。

 

カット後の木材落下を防止

f:id:hiro-secondwork:20210103013548j:plain

 

作業台が2台あれば、オットマンのように木材を置いてカットする事ができるので、切り終わりの落下を防ぐことができるんです。

このスペースにゴミ箱や袋を吊るせば、床に落ちる木屑も少なくなるのでお掃除も楽ですよ。

 

木材の固定が容易にできる 

f:id:hiro-secondwork:20210103215013j:plain

 

天板に隙間があること事で、どこにでもクランプを差し込んで木材をがっちり固定することができます。

  • 木材をカットする時
  • カンナをかける時
  • トリマーテーブルを設置する時

など、色々と活用できるのもこの作業台の特徴です。

 

 

2×材(ツーバイ材)で作る木工作業台【まとめ】 

f:id:hiro-secondwork:20210103220003j:plain

 

今回の記事では、屋内で木工やDIYをする方向けに木工作業台の作り方と使い方についてご紹介してきました。

  • 今まで木材を足で踏んで固定していたという人
  • 手で力一杯押さえて動かないようにカットしていたという人

この作業台があれば色んな場面でストレスが解消されると思います。

 

僕はこの作業台を使い始めてから木工が捗るようになりました。

椅子や適当な台を使っている時は、カットする度に土台が動いてイライラする事もありましたが、この作業台を使うようになってからは、そんなストレスも無く楽しくDIYする事が出来ています。

 
木工に適した作業台というのは色々あると思いますが、結局のところ自分が使いやすいかどうかが大切です。
どんな機能が備わっていれば満足して使えるか、今後の作業台作りの参考にして頂ければ嬉しいです。
それでは皆さん、DIYライフを楽しんでくださいね。

 

コチラの記事も合わせてどうぞ!

www.hiro-secondwork.com

www.hiro-secondwork.com

  

《こちらの記事で使った木材》