Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

【SPF材の早見表】サイズと価格が一目で分かる【見やすさ重視】

SPF材のサイズ

今回は、DIYでよく使われる木材の代表格「SPF材」のサイズを備忘録として残しておくことにしました。

理由は簡単、覚えられないからです。

正直、よく使う木材でも、毎回のようにサイズを確認している気がします。

ましてや、普段使わない太さや長さだと全く分かりません。

まぁ、覚えようともしておりませんが…

 

そういう訳で、『SPF材のサイズが一目でわかる早見表』を作っておきました。

役に立ちそうなら保存して頂いて、いざという時に役立てて頂ければと思います。

 

 

SPF材のサイズ【1×材の早見表】

1×材サイズ【早見表】

1×材は「ワンバイ材」と言われていまして、その中でもDIYでよく使われているのが1×4材(ワンバイフォー)かと思います。

シェルフや板壁、テーブル天板など、使い勝手が良くて人気がありますね。

1×6材(ワンバイシックス)辺りからは少し幅が広くなりますが、木口に「カスガイ」を打ち込んで「カフェプレート」を作ったり、これまたテーブル天板に使えたりと色んな用途があるかと思います。

 

では、もう少し太めのサイズ(2×4材)を見てみましょう。

 

SPF材のサイズ【2×材の早見表】

2×材サイズ【早見表】

2×材は「ツーバイ材」と言われていまして、1×材「ワンバイ材」と比べると厚みが倍ほど太くなります。

皆さんもご存知の「ディアウォール」や「ラブリコ」などは、この2×4材を使って支柱を組み立てます。

また、2×材の特徴として1×材と比べて反りがほとんどないことです。

比較的、精度も出しやすいですし、重量感もあるので小屋やベンチのDIYでも使いやすい木材ですね。

 

SPF材:サイズ別の参考価格

SPF材【参考価格】

こちらでは、DIYでよく使われるサイズを厳選し、目安となる価格を紹介しています。

あくまで参考価格ですので、実際の価格とは異なります。

また、ホームセンターの中には、1×4材が「6フィート200円しない」お店もありますので、安い時を狙って買うのもありです。

そしてご覧のとおり、「長さが2倍だから値段も2倍」という訳ではありません。

木材を無駄なく使い、購入費用を抑えるためにも、『あらかじめ図面を描き、一枚の板から部材がどれだけ取れるのか木取り図を描いておく』のがおすすめです。

 

SPF材の規格【多少の誤差あり】

f:id:hiro-secondwork:20200318203946j:plain

 

SPF材は、上記の表のとおりサイズが規格化された木材です。

例えば、2×4材であれば「厚み38㎜×幅89㎜」、1×4材であれば「厚み19㎜×89㎜」で規格されています。

でも実際に長さを測ってみたら、「あれ?サイズが少し違う!」って事があります。

これは、「乾燥すると収縮し、水を吸収すると膨張する」という木材の性質によるものです。

つまり、規格されたサイズとはいえ、1㎜〜3㎜程度の誤差は起こり得るという訳です。

 

SPF材のサイズと価格が一目で分かる早見表【まとめ】

今回の記事では、SPF材のサイズと価格(アバウトですが)についてのご紹介でした。

サイズと価格が一目で分かれば、いくらぐらいで作れるのか大まかな金額を出すことができますね。

DIYしていると「この木のサイズは何センチだったかな?」「いくらぐらいするんだろう?」ていう事がよくあります。

そんな時に、パッと開いて直ぐにチェックできると便利なので、もしよろしければ保存などして使ってくださいね。