Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

【壁紙】画鋲の穴を瞬間補修!?【知らないと損です】

画鋲の穴を補修
 

壁にできた画鋲の小さな穴が目立つんだけど、やっぱり壁紙を張り替えないといけないのかな?

 

今日はそんなお悩みを一瞬で解決できる方法を教えます。

 

 

画鋲の穴を瞬間補修!?

f:id:hiro-secondwork:20200306205357p:plain

 

持ち家でも賃貸でも、特に壁に画鋲を刺すのは抵抗があるかと思います。もちろん、新築やリフォームしたばかりなら尚更のこと。

なんとか画鋲を刺さずに済む方法をいろいろ考えると思いますが、今から教える方法をやれば簡単に画鋲の穴を消すことができますよ。

 

こちらの記事では、画鋲の穴を原状回復する4つの方法についてご紹介いたします。

また「補修におすすめベスト4」も記載しているので、よろしければ最後まで見てくださいね。

 

画鋲の穴を補修できる便利な道具

最初に、画鋲の穴を目立たなくする道具にどんな物があるのか紹介します。

補修に使う道具
  • 木工ボンド、ティッシュ、爪楊枝
  • 修正テープ
  • 壁の穴埋めパテ
  • ジョイントコーク

こんなところでしょうか。

どの方法が、いちばん目立たないのか試してみましょう。

 

壁にできた画鋲の穴埋め【4つの方法】

・ティッシュを使う方法

・修正テープを使う方法

・壁の穴埋めパテを使う方法

・ジョイントコークを使う方法

 では、さっそく見ていきましょう。

 

ティッシュと木工ボンドと爪楊枝で穴を補修する方法

f:id:hiro-secondwork:20200306124610j:plain

 

こちらは「ティッシュ+爪楊枝+木工ボンド」を使って補修する方法です。

 

まずは「こより状」にしたティッシュに木工ボンドをつけて画鋲の穴に差し込みます。

 

f:id:hiro-secondwork:20200306124654j:plain

 

壁から1㎜くらい出るようにしてハサミで切ります。

出っ張っているティッシュを爪楊枝で中に押し込んで壁紙と馴染ませます。

 

f:id:hiro-secondwork:20200306124735j:plain

 

この方法は、他のやり方と比べて少しだけ面倒ですが、家にある物を使えるので嬉しい方法ですね。

壁紙についたボンドは濡れタオルで軽く拭き取ればOKです。

Check

木工ボンドはつけた直後は白色ですが、乾燥すると透明になるので安心してくださいね。もし自宅にボンドがなければ、ティッシュと爪楊枝だけでもできるので試してみてください。

 

修正テープで穴を補修する方法

f:id:hiro-secondwork:20200306161022j:plain

 

こちらは修正テープで補修する方法です。

 

画鋲の穴を修正テープでふさぎ、指でおさえると壁紙の模様がついて目立たなくなりますよ。

 

f:id:hiro-secondwork:20200306161008j:plain

 

こちらの方法は短時間で素早く補修できるところがいいですね。

でも、テープが真っ白なので、壁紙との色の違いが気になります。

 

壁の穴埋めパテ(ダイソー)で補修する方法

f:id:hiro-secondwork:20200306124321j:plain

 

ダイソーのすき間用パテを使います。

 

液を少量だけ垂らして指で馴染ませます。

壁紙についたパテは濡れタオルで拭き取ります。

Check

パテと聞くとヘラが必要なのかと思うかもしれませんが、画鋲の穴程度なら特に必要はありません。

 

ジョイントコークで穴を補修する方法

f:id:hiro-secondwork:20200306124905j:plain

 

ジョイントコークは壁紙の剥がれ防止に使う資材です。

こちらを壁紙に少しだけ垂らします。

 

f:id:hiro-secondwork:20200306124926j:plain

 

あとは指で擦りながら馴染ませていくと、壁紙に付着した余分なコーキング剤も消しゴムのカスのように取れてくれます。

 

f:id:hiro-secondwork:20200306125001j:plain

 

ですので、仕上げに濡れタオルで拭き取らなくてOKなのです。

いちばん素早く簡単にできる方法なのです。

 

画鋲の穴埋め補修【おすすめベスト4】

f:id:hiro-secondwork:20200306144200p:plain

 

4つの方法を試してきましたが、皆さんならどの方法を選びますか?

ちなみに離れたところからだと、どれも目立ちませんので安心してくださいね。

ここでは間近で見たときの仕上がりがどうなのか、僕の勝手な基準でおすすめベスト4を発表します。

基準
  • たくさん穴があっても一瞬で補修ができる
  • 近くで見ても穴が目立たない

 

第一位:ジョイントコーク


なんと言っても「簡単」「速い」「目立たない」の三拍子!

とはいうものの、画鋲の穴を埋める為だけに用意するのはどうだろう?

そう思いますよね。

そんな時は、壁紙のコーキングも一緒にしちゃえばいいんです。

壁紙同士の継ぎ目、隙間できていませんか?

 

第2位:ダイソーの穴埋めパテ

 

塗った直後はジョイントコークなみに目立ちませんが、壁紙についたパテを完全に拭き取らないと乾燥後に色ムラが生じてしまう点がおしいところです。

色ムラはほとんど目立ちませんが、拭き取りの手間を考えるとたくさん穴を消す場合は少しだけ時間がかかりそうですね。

 

第3位:ティッシュと木工ボンドと爪楊枝

 

一箇所ならともかく、たくさん穴を消す場合にはいちばん時間がかかるやり方です。

時間をかける割には近くで見るとよく分かるので、僕個人としてはあまりおすすめの方法ではありません。

とは言うものの、自宅にあるもを使って補修できる点は良いところです。

 

第4位:修正テープ

 

修正テープは他の3つのやり方の中でも、いちばん素早く簡単に補修できる方法ですが、壁紙が真っ白でなければ色ムラが目立ちますね。

本当に真っ白の壁紙にはおすすめの方法です。

 

画鋲の穴を瞬間補修【まとめ】

 

壁紙にあいた画鋲の穴の補修方法には、いろんなやり方があります。

どの方法も穴を目立たなくすることができるので、気になっている方は是非やってみてはいかがでしょうか。

その中でもおすすめのやり方が『ジョイントコーク』を使うこと。

 

 

瞬時に補修ができて簡単、目立たない!

たくさん穴が空いていても瞬時に目立たなくすることができます。

画鋲の穴を気にせず、お子さんの作品を思う存分飾ってあげられますよ。

もちろん、画鋲の穴以外にも、壁紙の隙間埋めに使えます。

一家に一つあればとても役立ちますよ。