Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

ラダーシェルフを存在感あるシャビー風に仕上げる方法!【作り方を解説】

f:id:hiro-secondwork:20190831215518p:plain

 

ラダーシェルってどうやって作るの。

 

お家のインテリアで人気のラダーシェルフ。作り自体はとってもシンプルですが、デザインや色使いによって印象は随分と変わってきますよね。この記事をご覧の皆さんの中には、実際にラダーシェルフを作ってみたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

最後まで読んでみて良かったら、ぜひ参考にして作ってみてくださいね。ラダーに雑貨やお花を飾ると室内がグッとおしゃれに早変わりしますよ。

 

 

作る前に準備する物

  •  SPF材(1×4材)2本
  • ノコギリ
  • コーススレッド(木ネジ)
  • 木工ボンド
  • 塗料
  • ワトコオイル
  • カッターナイフ
  • ノコヤスリ
  • サンドペーパー(240番、400番)

失敗しないために図面を書いておこう 

いきなり作っても作れない事はないですが、図面を書いてから作り始める方が失敗がなくておすすめです。下の図面は、実際に僕が作ったラダーシェルフの図面になります。

f:id:hiro-secondwork:20190707101833j:plain

 

ラダーシェルフの作り方 

図面を書いたら早速作っていきましょう。用意する木材は、SPF材の1×4材を2本だけなので、値段も安くてお手頃価格です。2本買っても500円くらいですよ。

木材の切り出し(カット)

購入した木材は毛羽立っているので、予めサンダー(やすりがけ)をしておきます。ココでは240番のサンドペーパーを使用しています。最初に全体をやすりがけしておくと後の作業がしやすいですよ。

2本のSPF材(1×4材)を図のようにカットすると、足の部分が2本、棚の部分が4本取れます。

f:id:hiro-secondwork:20190707101818j:plain

 

木材に下穴を開ける

木材の切り出しができたら、木ネジを打つ場所に印をつけて下穴を開けておきます。ネジの頭を見せたくない時は、このようなダボ埋め用のビットを使います。

f:id:hiro-secondwork:20190831215116j:plain

 

 下穴を開ける時は、写真の下のビットを使います。木材の厚みや取り付ける場所に印をつけて、実際に下穴を開けてみました。

f:id:hiro-secondwork:20190831215146j:plain

 

ラダーシェルフの組み立て

ここまで出来たら、先程確認した図面通りに組み立てていきます。コーススレッド(木ネジ)を打つ時に木材がズレてしまう事があるので、木工ボンドで固定してからビス留めする事をおすすめします。

f:id:hiro-secondwork:20190831215204j:plain

 

ダボ作りをする

ここでは、先程の「ダボ用ビットの写真」でいうと上のビットを使います。余っている木材を再利用してダボ作りにチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。「ダボ作りはちょっと」という方は市販されている物を使っても大丈夫ですよ。

1つのラダーシェルフ で使うダボは16個。地道な作業になりますが、インパクトドライバーに差し込んで写真のように作っていきます。ボール盤という電動工具を使った方が作業自体は楽ですが、お家にある方は少ないと思うのでインパクトドライバーで大丈夫です。

f:id:hiro-secondwork:20190831215222j:plain

 

隙間にマイナスドライバーを差し込んで、コテの原理を使えばパキッと簡単に取ることが出来ます。転がって失くさないように入れ物に集めておきましょう。

f:id:hiro-secondwork:20190831215238j:plain

 

下穴にダボを打ち込む

ラダーの部材をビズ留めしたらダボ埋めをしていきます。ダボ穴に木工ボンドを適量垂らして自作したダボを金槌で優しく打ち込んでいくのですが、予めカッターでダボの先を少し丸くしておくと打ち込みやすいですよ。

はみ出した木工ボンドは布で拭き取っておきましょう。

f:id:hiro-secondwork:20190831215251j:plain

 

ボンドが乾燥したら、写真のようにカットしていきます。ノコギリには「あさり付き」と「あさり無し」があるので、ここではラダーの表面にキズを付けないように「あさり無し」のノコギリを使います。購入する時にはよく確認して購入しましょう。

カットする時は、写真のように刃が反るように木材に押し付けてカットします。

f:id:hiro-secondwork:20190831215308j:plain

 

綺麗に仕上げるためには、更にサンダーでヤスリがけをしておきましょう。僕は240番のサンドペーパーを使っています。電動工具がなければ、ハンドタイプのヤスリで行ってくださいね。

f:id:hiro-secondwork:20190831215339j:plain

 

ラダーシェルフをシャビーに仕上げる方法 

f:id:hiro-secondwork:20190831215048j:plain

 

仕上がりでオールド感を出すために木材を加工する

長年使ってきた味わいを出したい方にはおすすめの工程です。サンダーで綺麗に磨いたら続いてカッターで縁を大雑把に削いでいきます。

ただ、この工程、1つだけ難点があるんです。親指がとにかく痛くなります。できればカッターはスリムな物より大きめの物を使った方がいいかもしれません。 

f:id:hiro-secondwork:20190831215355j:plain

 

好みのカラーにペイントする 

塗料はホームセンターやネットでも購入ができますが、種類が沢山あるのでどれを買ったら良いか迷いますよね。ペンキの種類にも水性と油性があります。「キツイ匂いは嫌」「刷毛は水洗いできる方が良い」「室内で使おうと思っている」という事であれば水性ペンキがおすすめです。 
写真は、オールドビレッジ社のバターミルクペイントを使って塗装しています。全体を塗るか一部だけ塗るかは自分の好みでいいですよ。

f:id:hiro-secondwork:20190831215413j:plain

 

ダメージ加工を施す

塗料が完全に乾いたら、先程カッターナイフで削ぎ落とした所をノコヤスリで軽くガリガリとダメージ加工を施します。

f:id:hiro-secondwork:20190831215426j:plain

 

ノコヤスリでダメージを加えた所は毛羽立っているので、自分が塗料を剥がしたい所と合わせて240番のサンドペーパーで磨いていきます。
そして、最後に400番のサンドペーパーで全体をササ〜ッと磨くと、表面はツルツルの仕上がりです。
 

最後にオイルで仕上げて完成

オイルの種類も色々ありますが、僕はワトコオイルを愛用しています。主に使うのはダークウォルナットとミディアムウォルナットの2種類です。

f:id:hiro-secondwork:20190831215441j:plain

 

ダークウォルナットで着色すると、ヤスリがけした所が下の写真のように濃くなってビンテージ風になります。ここまで濃くしたくないという時は、ミディアムウォルナットで控えめな着色にすることも出来ますよ。

f:id:hiro-secondwork:20190831215503j:plain

 

 オイルの拭き取りのタイミングはオイル缶に記載されているので確認してくださいね。記載では15分〜30分後に拭き取るようにと書かれています。木部に直接オイルを塗る場合はそれでOKですが、僕のように塗装表面も汚したいという場合は、経験上15分も待たずに早めに拭き取った方が良いと思います。

放置しすぎると拭き取りが大変ですし、すごく汚くなってしまう事もあるので注意が必要です。塗料の上からオイルを塗る時は、放置する時間に気をつけましょう。

 

ラダーシェルフの作り方【まとめ】

f:id:hiro-secondwork:20190831215048j:plain

 

DIYでも大人気のラダーシェルフの作り方を紹介してきました。ダメージ加工を加えるだけでラダーシェルフの印象が随分変わってきます。シャビー風にする方法は色々ありますが、1つの方法として参考にして頂ければ嬉しいです。

お家のインテリアとして存在感のあるラダーシェルフをぜひ作ってみてくださいね。