Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

【ウッドフェンス の定番】90角用フェンスブロックを使った支柱の設置方法!

フェンスブロックに木製の支柱を立てる

 

フェンスブロックに支柱を立てたいんだけど、どうやって立てればいいのかな?

 

こちらの記事では、フェンスブロックに4×4材(90㎜×90㎜)の支柱を立てる方法について解説しています。

 

前回の記事はこちらをどうぞ。

www.hiro-secondwork.com

 

ウッドフェンスのDIYでよく使われる基礎と言えば『フェンスブロック』です。

しかし、実際にフェンスブロックに支柱をさしてみると・・・

  • 入り口の大きさと支柱の太さが違う
  • 支柱がフェンスブロックの途中までしか入らない
  • ぐらぐらして不安定

どうやって柱を固定すればいいんだろう?

こんな感じでフェンスブロックを初めて使う時は困りますよね。

 

そこで、まずこちらをご覧ください。

  • フェンスブロックの内側の傾斜はあまり気にしなくて良い
  • フェンスブロックの途中で支柱が引っかかるのが普通
  • ブロックと柱の隙間には珪砂やモルタルを入れる

ブロックと柱の隙間を埋める方法はいくつかありますが、こちらの記事ではからモル(モルタルと砂を混ぜて水を加えていない状態)を使って固定する方法をご紹介します。

これだけでも、支柱はしっかりと安定するので宜しければ参考にしてくださいね。

 

 

90角用フェンスブロックに支柱を立てる流れ

f:id:hiro-secondwork:20200809225100j:plain

 

まずはフェンスブロックに支柱を設置する流れをご紹介します。

  1. フェンスブロックに支柱を差し込む。
  2. フェンスブロックと支柱の隙間にくさびを打つ。
  3. 水平器を使って支柱を真っ直ぐ立てる。
  4. 空練りしたモルタルをフェンスブロックと支柱の隙間にいれる。
  5. モルタルで雨水の侵入を防ぐ。
  6. 支柱の設置完了!

こんな流れになります。

作業の詳細は引き続きご覧ください。

 

支柱を立てる時に準備するもの

f:id:hiro-secondwork:20200810215715j:plain

 

実際の作業で必要な材料はこちらです。

クサビ以外はホームセンターで購入できるので、揃えておきましょう!

必要なもの

木材(90㎜×90㎜)

防腐塗料

水平器

クサビ(端材で自作)

養生テープ

セメントと砂

ヘラ(フライ返しで代用できます)

細い棒(竹串でOK)

用意するのはこれくらい。

材料が揃ったら早速やっていきましょう!

 

最初に塗装して耐久性を上げておく!

f:id:hiro-secondwork:20200810214221j:plain

 

フェンスブロックに支柱を差し込む前に必ず屋外用の塗料を塗っておくようにしましょう。

  • 塗料を塗るときは、切断面の木口から塗っていきます。
  • 木口はたくさん塗料を吸うので、たっぷり塗ってください。
  • 全体的に1回目が塗り終わったら乾燥させ、2〜3回塗るようにします。

夏場だとすぐに乾くのでそれほど間隔をあけなくても大丈夫です。

 

ポイント フェンスは雨風にさらさせるので、腐食が進まないように塗料を塗って耐久性を上げておく!

 

塗料選びで困ったときは、プロも愛用しているこちらのキシラデコール(油性・浸透タイプ)がおすすめ!

 

耐候性に優れており長期間、雨風や日光から木部を守ってくれますよ。

そして、色むらを作らず短時間できれいな塗装面に仕上げたい方には、こちらのコテバケもおすすめです。

 

一通り塗り終われば、丸1日ゆっくり乾燥させるようにしましょう。

 

フェンスブロックに支柱を立てる

f:id:hiro-secondwork:20200809224929j:plain

 

フェンスブロックに支柱を立てる時は『くさび』を使います。

上の画像のクサビは、端材を10度くらいにカットして自作した物です。

  • フェンスブロックに柱を立て、隙間(4辺)にクサビを刺します。
  • 次に支柱に水平器をあてます。
  • 支柱が前後左右に傾いていないか水平器の気泡をみてチェックします。
  • 水平器の気泡が中央にくるまで微調整します。

支柱がまっすぐに立ったら次の工程に進みましょう!

 

フェンスブロックと支柱の狭間を埋める

f:id:hiro-secondwork:20200809225048j:plain

 

フェンスブロックと支柱の隙間を埋める方法には

  • 珪砂(けいしゃ)を使う
  • トロトロにしたモルタル(セメント+砂+水多め)を使う
  • ノロ(セメントに水を混ぜたもの)を使う

など、色々あります。

しかし今回、僕が試した方法はセメントと砂を混ぜ、水を全く加えていない『からモルタル』で隙間を埋める方法です。

 

f:id:hiro-secondwork:20200809225005j:plain

 

セメント1:砂3で配合したこちらの「からモル」を隙間に注いでいきます。

 

f:id:hiro-secondwork:20200809224917j:plain

 

  • 柱やブロックを汚さないように、あらかじめ養生テープでマスキングしておく。
  • クサビがあると入れにくいので、一箇所ずつ外しながら作業を進める。

からモルは注ぐだけでは充填されないので、細い棒(竹串)で突いで隅々まで埋めていきます。

そして、硬くなるまでしっかりと充填できたところで、残りの「からモル」に水を加えて練り上げます。

 

f:id:hiro-secondwork:20200809224953j:plain

 

これをブロックと支柱の間に打ち、雨水がブロック内に侵入しないように傾斜もつけておきます。

ブロックには予め水をかけ、モルタルの密着が良くなるようにしておきましょう!

 

我が家のウッドフェンスの支柱の設置方法はこんな流れです。

ウッドフェンス作りの全工程をまとめた記事はこちらからどうぞ。

 

www.hiro-secondwork.com

 

90角用フェンスブロックを使ってウッドフェンスの支柱を設置する方法【まとめ】

 

いかがでしたか?

正しいやり方ではないかもしれませんが、この方法でやってみたところ、案外というかかなりしっかり支柱が固定できました。一応、『からモル工法』とでも名付けておきましょう(笑)

現在のところ、実際の強度までは分かりません。数年後の状態もまたお知らせできればと思っています。

フェンスブロックに支柱を設置する方法には

  • 珪砂(けいしゃ)を使う
  • トロトロにしたモルタル(セメント+砂+水多め)を使う
  • ノロ(セメントに水を混ぜたもの)を使う

 などがありますが、いずれにしても「フェンスブロックの内部に雨水が入って支柱が腐ってしまった〜」という事だけは避けたいですよね。

こちらの記事で紹介した支柱の設置方法は、プロならやらない方法かもしれません。

しかし、自己責任でちょっと変わったやり方にチャレンジできるのもDIYの醍醐味と言えます。

ぜひ良き方法を見つけてウッドフェンス作りにチャレンジしてみてください。

 

www.hiro-secondwork.com