Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

【フォトフレーム】塗るだけで出来る!アンティーク加工のコツ

f:id:hiro-secondwork:20200505114358p:plain

【フォトフレーム】アンティーク加工のコツ

 

フォトフレームをアンティーク風にペイントするコツってあるのかな?

 

こんな風にフォトフレームを手作りすると、「ペイントの仕方」でも悩みますよね。

おしゃれなフォトフレームを眺めていると、「自分もあんな風に作れたらな〜」なんて羨ましくなります。

そこでこちらの記事では、ほんの一例ですが、フォトフレームをアンティーク風にペイントする方法をご紹介しています。

ぜひコツを掴んで、ご自身でもアレンジしながらペイントを楽しんでくださいね。

 

 

フォトフレームをアンティーク加工するコツ

アンティーク風にペイントするのはいっけん難しそうですが、コツを掴めば「意外と私にも出来るじゃん!」て実感してもらえると思います。

難しい事は考えずに、とにかくチャレンジしてみましょう。

アンティーク加工の流れを知ろう!

アンティーク加工のコツと言っても流れはシンプルです。

  1. スプレーで下塗りする(ゴールドもしくはブロンズ)
  2. 水性塗料で上塗りする
  3. ヤスリで塗装を剥がす

こんな流れです。

では、実際にフォトフレームをアンティーク調にペイントしてみましょう!

 

アンティーク加工に使った材料

こちらの記事で使用した物はこちらをご覧ください。

材料
  • 紙やすり
  • ゴールドやブロンズのスプレー
  • 水性塗料
  • スポンジ

たったこれだけで憧れのアンティーク調のフレームが作れちゃうんです!

 

フォトフレームをアンティーク調にペイント 

f:id:hiro-secondwork:20200505145418p:plain

スプレーで下塗りする 

まずはスプレーでフォトフレーム全体を下塗りします。

色はゴールドでもブロンズでもお好きな色を選んでくださいね。

スプレーで塗装する時は、端材を利用して浮かせてからやるようにしましょう。

 

f:id:hiro-secondwork:20200505150704p:plain

 

ポイント

スプレーを吹き付ける時の注意点として、一回で塗ってしまおうと分厚く塗らない事です。薄く吹き付けて、乾燥具合を見ながら少しずつ色を重ねていくようにしましょう。

 

水性塗料で上塗りする 

下塗りしたスプレー塗料が乾いたら、続いて水性塗料で上塗りします。塗料がなければ絵の具でもOKですよ。

塗る時は、基本的に筆は使わず、スポンジでトントン叩くように薄く塗り重ねていきます。

 

f:id:hiro-secondwork:20200505150908p:plain

 

スポンジにたくさん塗料が付いた時は、余分な塗料を落としてから塗ってくださいね。

もし、スポンジが届かないところがあれば、細い筆などを使うといいかもしれませんね。

 

紙やすりで上塗りした塗料を剥がす

上塗りした塗料が乾いたら紙やすりで削っていきます。

完全に乾燥させてしまうより、そこそこ乾いた程度で削る方が、軽い力で簡単に剥がせますよ。

 

f:id:hiro-secondwork:20200505151520p:plain

 

すると、下塗りしたゴールドがひょっこり顔を出してくれます。

あとは、ゴールドを見せたいところを紙やすりで削っていけば完成です!

 

アンティーク調のフォトフレームが完成!

f:id:hiro-secondwork:20200502162736j:plain

 

はい、こんな感じのアンティーク調のフォロフレームができました。

ペイントだけなら所要時間は、30分〜1時間くらいですかね。

アンティーク加工って難しそうですが、意外と簡単にできるって分かっていただけましたか?

 

ブラック&ゴールドだとこんな感じです。

 

f:id:hiro-secondwork:20200506200032j:plain

 

もし良ければやってみて下さいね。

ちなみに、失敗した時はもう一度、スプレー塗装からやり直せばOKですよ。

 

(おすすめ記事) 

www.hiro-secondwork.com