Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

【動画あり】おしゃれなセロテープカッターの作り方

f:id:hiro-secondwork:20200204214805p:plain

【おしゃれ】セロテープカッター台の作り方【全て公開】

 

テープカッターって、どうやって作ればいいの?

 

テープカッター台と言えば、今どきダイソーやセリアでも安く購入できる文具用品の一つですよね。

 

我が家にもダイソーのテープカッター台があるのですが、欲を言えばもう少しコンパクトでおしゃれだったら良いのに!

 

そんな風に思っていまして、それなら自分で作ってしまえばいいやという訳で、今回はテープカッター台を手作りしてみたのでぜひご覧ください。

 

 

【木製】セロテープカッター台の作り方

f:id:hiro-secondwork:20200204213541j:plain

 

それでは、さっそく作っていきましょう。

リールを作る

まずは〈リール〉から作っていきますね。

どんな形にするかは悩むところですが、よければ8角形にトライしてみてくださいね!

正8角形を描くときは、コンパスを使うと簡単なので、参考記事も付けておきますね。

ちなみに、リールというのはセロハンテープをはめ込む丸い筒状のものですよ。

①正八角形のリールを作る

セロハンテープの巻芯径が76㎜なので、コンパスを使って半径38㎜の円を木材(SPF材)に描きます。

f:id:hiro-secondwork:20200131005833j:plain

 

正八角形のリールを作る方法はコチラが参考になりますよ。

(参考記事)

www.hiro-secondwork.com

 

②のこぎりでカット

正8角形を描けたら、線に沿ってのこぎりで切っていきます。

ここで注意点が一つあるのですが、それは「墨付けした線の少し外側を切る!」ということ。

これ、すごく大事なポイントなので押さえておいてくださいね。

 

木材を綺麗にカットする方法はこちらの記事を参考にしてくださいね。

www.hiro-secondwork.com

 

f:id:hiro-secondwork:20200202235857j:plain

 

どうして墨付けした線の外側を切るの?

 

(理由):それは少し大きめにカットしておけば修正がきくからですよ。

つまり、カットしてしまった後の「切りすぎた〜!」を防ぐためです。

 

少し余裕をもってカットすれば、後からヤスリで削って調節できますが、切りすぎてしまうと大きくはできませんよね。

なので、少し余裕を持ってカットするようにしてくださいね。

 

③リールの中央に穴をあける

リールの中央はコンパスの針跡が目印なので簡単に分かりますが、重要なのは「真っ直ぐ穴をあけること」なんです。

 

斜めに穴を開けてしまうと、リールが回転した時にブレてしまい、使いづらい上に見た目も残念ですよね。

すごく大事な工程なので、確実にまっすぐ穴を開けてくださいね。

 

僕はリールの中央には、8㎜のドリルで穴をあけました。(差し込む丸棒も8㎜です)

 

(参考記事)

www.hiro-secondwork.com

www.hiro-secondwork.com

 

セロテープカッターの本体を作る

f:id:hiro-secondwork:20200203194145j:plain

 

僕はリールの部材にSPF材、本体に杉材をチョイスしました。

木材の種類はお好みで、特にこだわる必要もないのでホームセンターでこれという木を選んで準備してもらえればOKです!

①木材をカット

木材の準備ができたら、寸法に合わせてノコギリで丁寧にカットします。あまりノコギリを握ったことがないという方は、まずコチラの記事をどうぞ。

 

木材のカットでおすすめの記事

www.hiro-secondwork.com

www.hiro-secondwork.com

 

②木材の加工

リールを入れる溝をトリマーで加工します。 

トリマーガイドを作っておくと加工が楽ですよ。

ちなみに僕が使っているのは、薄い板を2枚重ねただけの簡易なトリマーガイド。

f:id:hiro-secondwork:20200203224923p:plain

 

ちなみにこちらのトリマーには、8㎜のビットをセットして使っています。

溝の幅が8㎜、丸棒の直径も8㎜なので、このままではリールがスムーズに回転してくれません。

でも大丈夫!丸棒をヤスリがけして少しだけ細くしてあげると「くるくる〜っ」とスムーズに回転してくれますよ。

 

続いてボール盤の登場。

こちらはテープを手で取りやすくするための加工です。

f:id:hiro-secondwork:20200203225942j:plain

 

ボール盤で穴(直径30㎜)をあけた後、ノコギリで不要なところをカットして形を整えます。

 

③部材のヤスリがけ

リールとボディの切り出しと加工が終わったら、ヤスリできれいに磨いておきましょう。

磨く時に使うものは、木工サンドペーパーの240番でOKです。ホームセンターで購入できますよ。

 

④ワックスを塗布

やすりがけ終わったら、組み立てる前にワックスを塗布します。

組み立て前に塗ることで、塗り残しを防ぎきれいに塗ることができますよ。

f:id:hiro-secondwork:20200203194238j:plain

 

 

⑤テープカッター刃の取り付け【100均商品の一部を利用】

続いてテープカッターの刃を取り付けていきます。

刃の取り付け方は、「刃の形に合わせて木材に切り込みを入れ、不要な部分を欠いて」アロンアルファ(瞬間接着剤)で接着するだけです。

f:id:hiro-secondwork:20200203194158j:plain

 

カッター刃はネットでも購入できますし、ラップの刃を代用されている方もいますが、僕は100均で買ったテープカッターを分解して刃だけ再利用しました。

コチラの方がネットで買うより安いので(^^)ダイソーさんありがとう!

f:id:hiro-secondwork:20200203194215j:plain

 

⑥【組み立て】部材同士を接着

ここまで出来たら、いよいよ組み立てです!

ちゃんと出来上がるかな。

部材同士を木工ボンドで接着し、しっかりとクランプします。

f:id:hiro-secondwork:20200203194227j:plain

 

早く作ってしまいたい気持ちは分かりますが、数時間しっかりと接着させてからクランプを外すようにしてくださいね。

 

おしゃれなセロテープカッター 台が完成!

f:id:hiro-secondwork:20200204213541j:plain

 

セロハンテープカッター台、こんな感じで完成しました!

万人受けするデザインではありませんが、「これ、いいやん!」と思って頂けたら、ぜひ作ってみてくださいね。

 

ペイントやスタンプを使うと、グッと雑貨風に近づきますよ(^^)

 

使用した塗料はこちら↓

 

しっかりボンドで接着できたら特にビスや釘で補強する必要はありませんが、心配な方は竹串で補強しておけば十分かと思います。

 

竹串の補強はこちらの記事を参考にしてくださいね。

www.hiro-secondwork.com

 

ダイソーのテープカッター台と大きさ・サイズを比較

f:id:hiro-secondwork:20200208212212p:plain

 

ダイソーのテープカッター台はボテッとした印象ですね。

それに対して手作りのテープカッター台はスリムでスッキリとした印象になりました。

実物のサイズを比較

f:id:hiro-secondwork:20200208220621j:plain

 

幅・高さはコンパクトになりましたが、よこの長さは1.5㎝大きくなってしまいました。

まぁ、高さが低くなった分、全体的にコンパクトに見えるからいいかな。

 

【動画】実際にセロハンテープをカットしてみた

 

このセロテープカッターって本当に使えるの?

では実際にセロハンテープをカットする様子を動画でどうぞ。

良かったらフォローしてね(^^)

 

かわいいセロテープカッター台【材料と道具】

テープカッター台の製作にあたって、僕が使った材料と道具を紹介したいと思います。

材料

✔︎木材(SPF材、杉板、丸棒) ✔︎カッター刃 ✔︎木工ボンド ✔︎塗料

✔︎ワックス

 

道具(工具)

✔︎コンパス ✔︎のこぎり ✔︎さしがね(定規) ✔︎クランプ ✔︎ボール盤

✔︎トリマー ✔︎刷毛 ✔︎サンドペーパー240番

 

おしゃれなセロテープカッター台の作り方【まとめ】

f:id:hiro-secondwork:20200208215428j:plain

 

テープカッターの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回作ったテープカッターは僕自身はじめての作品でしたが、作ってみて分かったことは工具さえあれば材料費はほんの数百円で作れてしまうということ。

ぜひ道具を揃えて好きな木工雑貨を手作りしてみてくださいね(^^)

 

ちなみに、今回ご紹介したテープカッター台をもっと小さく作れば、マスキングテープカッターにもなりそうですね。

 

木の温もりと優しい印象のテープカッター台!

ぜひ手作りしてみてください。