Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら!

木工・DIY初心者必見!木ダボの作り方と埋め方

DIYおすすめ工具と使い方

ネジ頭を隠す時に木ダボを使う方法があるけど、そもそも木ダボって自分でも作れるのかな?

 

木工やDIYで使用頻度が高い物と言えば「木ネジ」。

人目に付きやすいリビングの家具・インテリアともなれば、尚更のことネジ頭を隠して綺麗に仕上げたいものですよね。

 

木ダボは「ホームセンター」や「100均」でも買えますが、実は電動ドライバーと専用ビットがあれば、自分でも簡単に作ることが出来るんです!

そこで、こちらの記事では、木ダボを自分で手作りする方法を解説しています。

是非、参考にして作ってみてくださいね。

SPONSORED LINK

持っていると何かと便利!木ダボが作れる専用ビット

木工をやっていると、端材がたくさん増えていきませんか?

端材と言えども捨てずに置いてると溢れかえるくらい増えますよね。
DIYでは端材消費が付き物ですが、その端材を使って自作ダボを作れば購入代金の節約にもなりますよ。

端材を使った小物作りと合わせて、ダボ作りにもチャレンジしてみてくださいね。

 

木ダボを自作するならこちらのセットがおすすめです!

 

コレさえあれば簡単に自作ダボが作れますよ!

 

SPONSORED LINK

【自作】木ネジ頭を隠す木ダボの作り方

それでは、こちらの専用ビットを使ってダボ作りをやっていきましょう!

電動ドライバーに装着して、ビットの先端を木材に少し強めに押し付けながら一気に回転させます。

じわじわ躊躇(ちゅうちょ)しながら回転させると、ドリルビットのように先がとがってないので木の表面であっちこっちに動いてしまいます。

躊躇せずに木に押し付けて、エイッ!と回転させてみてください!

最初だけ勇気を出して!

2回目からはコツが掴めるので大丈夫ですよ(^^)

 

f:id:hiro-secondwork:20190902221655j:plain

そしたら、上の写真のような木の円柱が出来あがります。
この隙間の奥にマイナスドライバーを差し込んで、テコの原理を利用するんです。
するとパキッと簡単に取れてくれます。

 

f:id:hiro-secondwork:20190902221711j:plain

ほら!いかがですか?
こんな簡単に木ダボが作れちゃいました。

 

ダボを打ち込みやすくするコツ

f:id:hiro-secondwork:20190907121523j:plain

 

作った木ダボを見てみると、角が尖っていますよね。

このままでも下穴に打ち込みにくいので少しだけ手を加えてやるんです。

そのコツは3つ!(これ以外にもあるかもですが・・・)

  • カッターで木ダボの角を削ぎ落とす。手を切って怪我しない様に注意してください。
  • 金槌で木ダボの縁を叩いて角を丸くする。木殺しという方法です。
  • サンドペーパーで木ダボの面取りをする。

どの方法でも格段に打ち込みやすくなりますので、よかったら試してみてくださいね!

 

ダボ埋めのやり方

では、ここからは実際に自作ダボを使ってダボ埋めをやっていきましょう!

 

①ダボ穴に木工ボンドを垂らします。

f:id:hiro-secondwork:20190907121538j:plain

 

②先ほど角を削ぎ落としたダボを打ち込みます。

f:id:hiro-secondwork:20190907121555j:plain

 

この時、木工ボンドが溢れてきても大丈夫!

拭き取ればOKです。

 

③あさり無しのノコギリでカットします。

f:id:hiro-secondwork:20190907121609j:plain

 

刃を木材表面に押し付けてカットします。

あさりが無いので、表面を傷つけずにカットできます。

④最後にヤスリをかければ綺麗になります。

f:id:hiro-secondwork:20190907123731j:plain

ヤスリがけをする時は、クリップ式のハンドサンダーを使えば作業が楽です!

木材の下処理などでヤスリがけの部材が多いときは、こちらのオービタルサンダーが便利ですよ!

BOSCH(ボッシュ)のオービタルサンダーを選んだ理由【圧倒的/使いやすさ】
オービタルサンダーが欲しいんだけど、沢山ありすぎてどれを買えば良いのか迷うんだよね。HIROさんは、どうしてBOSCH(ボッシュ)のプロ仕様を選んだの?理由は簡単です。いろんな方が紹介しているレビューをみて、圧倒的に使えやすいと判断もっと読む...

木工・DIY初心者必見!木ダボの作り方と埋め方【まとめ】

こちらの記事では、木ダボの作り方から埋め方までをご紹介してきました。

木工を始めたばかりだと難しそうに感じるダボ埋めですが、こうやって見てみると案外簡単そうでしょ!

もちろん道具は必要ですが、必要な物さえ揃えればいくらでも作れるので是非参考にしてみてください。

そして、簡単と言えば、こちらの鬼目ナットの使い方も簡単ですよ!
使い方を知れば、DIYの幅が広がるので是非チェックしてみてください。

これまで木工やDIYをされてて、ネジが見えて気になるけどどうしたら良いか分からなかったという方!

是非、自作ダボでビス隠しにチャレンジしてみてください!

 

✔︎ ダボ継ぎの方法はこちらをご覧ください。

✔︎ DIY初心者におすすめの電動工具はこちらをご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました