Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

低価格でも使いやすい!マキタのスライド丸ノコ(M244)に決めた理由

f:id:hiro-secondwork:20190721204648j:plain

 

マキタ(M244)と日立(FC7FSB)で悩んでいるんだけど、オススメはどっちかな。

 
 
DIYをやり始めて2年くらい経った頃、ノコギリで作業するのがしんどくなってスライド丸ノコの購入を決断しました。と言っても、もちろん高価な物には手が出せません。
そんな時、有名メーカーなのに比較的お手頃な価格で販売されている商品を見つけました。
マキタ(M244)と日立(FC7FSB)のスライド丸ノコです。
 
ネットで情報収集してもマキタと日立のスライド丸ノコのスペック(仕様)はほとんど大差がありませんでした。
 
そこでこちらの記事では、最終的に僕がマキタを選んだ決め手についてまとめています。これから購入を考えている方の中には、僕と同じ様な悩みで購入を迷っている方もいらっしゃると思うので、ぜひ参考にして頂けると嬉しいです。
 
 

数あるスライド丸ノコの中でもM244の購入を決めた理由 

僕は元々、少しでも作業がし易くなればいいやというくらいで考えていたので、DIYする上で最低限の機能さえあればいいと思って商品選びをしました。
価格もピンからキリまであり、中には10万円以上するような物まで。
しかし予算は3万円前後と決めていたので高価格の物は選択肢から除外しました。
 
今まで自分でリフォームをしたり、木工雑貨を制作してきた経験から僕にとって最低限必要な機能を3つに絞りました。
  • 角度切りと傾斜切りができる
  • 高さを調節する事で木材に溝がほれる
  • フローリング材を一発でカットできる最大切断寸法がある
 
中にはレーザーマーカーやLEDライトが付いている商品もありますが、暗闇でする事はないのでLEDライトは僕には必要のない機能でした。
また、レーザーマーカー機能もカットする時に一旦刃を線に合わせてカットするくらいの時間的余裕はあるのでレーザーマーカーも不要という結論に至りました。
 
最終的に日立のFC7FSBと迷いましたが、奥行きのコンパクトさを優先してマキタのM244に決めました。
狭い工房で場所を取らないという理由です。
広い工房だったら日立のFC7FSBを買っていたかもしれません。

 

マキタのM244と日立のFC7FSBを比較

双方とも同じようなスペックですが、所々両者で異なる点があります。
赤字で示した「重量」「機体寸法」「最大切断寸法」 に若干の差がありますね。
どこを優先するかは個人差があると思いますが、僕は工房の空間に限りがあるので「機体寸法」にある「奥行き」で決めました。

f:id:hiro-secondwork:20190707151542j:plain

 

マキタのM244を実際に使った感想

精度は日立に軍配が上がるかもしれません。
というのも、マキタ(makita)は2段スライドを採用しているので、実際使っててもカットの最中に少しだけ引っかかりがあるんですよね。
でも、DIYを楽しくやる分にはほとんど気にならないレベルですし、特に問題なく使えていますよ。
何を持って精度が良いとなるのか素人の僕にはよく分かりませんが、寸法通りに綺麗にカットできるしカット面もツルツルですよ。
コンパクト設計を達成しているのも2段スライドのおかげだと思うので、個人的にはとても満足して使っています。
 
今まではノコギリ片手に45°カットするにも苦労していましたが、角度切りの機能があるおかげで楽々カットできる様になりました。
僕の苦手をカバーしてくれるマキタのM244は価格の安さ以上に大活躍してくれています。
 

マキタのM244は調整も簡単

購入時、木材をカットしてみると直角が出ていないことがあるようです。

これはM244に限らず、他のスライド丸ノコにもある様です。

僕の場合もそうで、カット面に差し金を当てて、光にかざしてみると隙間ができていました。

 

f:id:hiro-secondwork:20200120155632j:plain

 

これでは90度はおろか全てのカットが正確にできません。

でも大丈夫!調整はとても簡単なんです。

スライド丸ノコの後ろに『ボックスレンチ』が付いています。

 

f:id:hiro-secondwork:20200120155656j:plain

 

これを使って『ガイドフェンス』を止めている2本のボルトを緩めます。

ボルトを外すとガイドフェンスを動かす事ができるので、微調整しながら90度にカットできるまで調整していきます。

 

f:id:hiro-secondwork:20200120164244p:plain

 

90度になっているかどうかは実際にカットして差し金で確認しながら行なっていきます。

 

f:id:hiro-secondwork:20200120155720j:plain


もう一度、光にかざして隙間があるかどうか再確認。

しっかり90度が出ていますね。

調整はこれで終了です。

低価格でも使いやすい!マキタのスライド丸ノコ(M244)に決めた理由【まとめ】

スライド丸ノコは海外製の安い物もありますが、個人的には作りがしっかりしていて精度が期待できる国産がおすすめです。
また、このクラスの丸ノコなら重量も軽いので持ち運びにも苦労しませんよ。
天候や気分で屋内・屋外どちらでもDIYを楽しめます。
 
 
 
マキタのM244日立FC7FSBのどちらにしようか購入を迷っている方やこれからスライド丸ノコを買いたいと考えている方の参考になれば嬉しいです。
 
(合わせて読みたい記事)