Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

収入を手っ取り早く増やす方法!?固定費を見直して家計の支出を削減しよう!

f:id:hiro-secondwork:20190901015713p:plain

 

固定費を見直すと、どれくらい節約できるの?

 

今日の記事は「DIYと全く関係ないやん!」と言われそうなタイトルですが、実は関係ありありなんです。

好きな事をする為にはお金が必要です。僕の場合、趣味の木工をする為には資材の購入が必須ですから、できるだけ家計に影響しない範囲でやりたいと思っています。その為には家計に余裕を持たさなければいけません。

 

これから、子ども達の成長と共に増えていく出費。習い事や部活動、塾や進学費用などなど、これからもっとお金が必要になっていきます。

 

僕は幾分投資もしておりますが、中には投資なんか怖くてできないよ!って方もいると思います。そこで今日の記事では貯蓄を増やすために僕が実際に行った固定費の見直しについて紹介します。

 

 

お金を増やすために押さえておきたいポイントとは?

お金を増やす為には、大事なポイントが3つありますよね。

Point[支出を減らす][収入を増やす][資産形成をする]
  1. 支出を減らしてお金を増やす
  2. 収入を増やしてお金を増やす
  3. 資産運用してお金を増やす

支出を減らしてお金を増やす

 当然のことなんですが、同じ収入の人がいたとしたら、支出が少ない家庭の方がお金は増えていきますよね。例えば. . .

僕は家族で週に一度は外食しているよ。

私は月に一度しか外食しないよ。

実際には外食以外の要素も絡めて考えないといけませんが、分かりやすく外食だけを例に挙げてみました。

 

そこで、今回のテーマは【固定費を見直して支出を減らす方法!】です。

実際に家計を圧迫している固定費にはどんなモノがあるのか。そして僕が固定費を見直して年間どれだけ節約する事に成功したのか解説します。←ちょっと大げさ(^^;)

 

固定費の種類と注意したい固定費!

どちらの家庭にも必ず月々支払っている固定費があると思いますので、いくつか例を挙げてみました。

  • 携帯電話料金
  • 水道光熱費
  • 自動車保険
  • 新聞代
  • 習い事代
  • ローン
  • 家賃

月々だと少額の支払いであっても長期間で見れば大きな出費になります。

例えば携帯電話料金。

月々夫婦で2万円支払っているとします。年間で24万円、10年間で240万円、20年間で480万円支払う計算になります。

 

住宅ローンではどうでしょう。

仮に新築を3000万円で購入し金利1.5%で35年ローンを組むとします。月々約9.2万円の支払いとなります。

仮に中古を1000万円で購入し金利1.5%で35年ローンを組むとします。月々約3.1万円の支払いとなります。25年ローンでも月々約4万円、15年ローンでも月々約6.2万円です。

その差は大きいですね!

Check固定費の中でも住宅ローンは特に注意が必要です。今や大手の会社に入社すれば安泰という時代ではありませんし、会社側がリストラしやすい制度設計も今後なされていくと思われます。そうなれば返済できるはずだったローンが返済できなくなり、差し押さえっていう事態も。。。仮に売却できてそのお金でローンを全額返済できればいいですが、出来なかったらどうしましょう。。。

お金に余裕があれば新築もいいですが、僕は怖いです。という事で中古にしました。中には共働き前提で新築を購入している方もいますが、かなりリスクは高いと思います。

 住宅ローンも月々必ず支払う固定費だからこそ、購入する時はしっかりと考えておきたいですね!

 

ちなみに、我が家は固定費を見直す事で28万円/年間も節約する事が出来ました。

これって収入が増えたのと同じ効果ですよね!

とにかく固定費の見直しはインパクトがでかいのでおすすめです。

 

それでは実際に僕が固定費を見直して、どれだけ節約に繋がるのか見ていきましょう!

 

僕が見直した固定費、削減できた支出の額!

大手3大キャリア(docomo/au/SoftBank)から格安SIMへ乗り換える

我が家は月々の携帯電話料金が、夫婦で25,000円でした。

格安SIMに変更してからは、夫婦で10,000円。

何とその差額、15,000円/月(180,000円/年

格安SIMに変えるだけで年収18万円アップと同じなんですよ!

しかしこれで驚いてはいけません。

老後を迎える20年先に積み重なった金額、合計360万円です!!!

おすすめ格安SIM

回線 格安SIM
ドコモ U-mobile
楽天モバイル
llJmio
スマモバ
LINE MOBILE
DMM mobile
mineo
au BIGLOBE mobile
mineo
UQ-mobole
ソフトバンク U-mobile
b-mobile
nuro mobile
Y!mobile Y!mobile


どの格安スマホも通話品質は3大キャリアと遜色ないレベル。

若干、時間帯によって通信速度が遅くなることはありますが普通に使う分には全く困りません。

僕は、格安SIMの中でも通信速度を重視してY!mobileにしました。

参考にしたのはコチラ⬇︎

bitwave.showcase-tv.com

 

大手電力会社(関西電力など)から新電力(Looopでんきなど)へ切り替える

皆さん、新電力へ切り替えましたか?

実際、どれくらい節約できたのか我が家でシュミレーションしてみました。

  関西電力 Looopでんき
最低料金(〜15kWh) 334.82円 0円
15kWh〜120kWh 19.95円 22円
120kWh〜300kWh 25.33円 22円
300kWh〜 28.76円 22円
我が家の場合(年間) 101,571円 80,828円
お得(年間) 20,743円

年間で約2万円の節約です。

たった2万円もチリも積もれば何とやら…

20年後には40万円の節約!

looop-denki.com

 

自動車保険の見直し【代理型損保から ダイレクト型損保へ切り替える】 

出費を少しでも抑えたい方にはダイレクト型損保がおすすめ。

僕も以前は大手の代理店型損保に加入していました。

年間で約80,000円支払っていた保険料が、ダイレクト型損保へ切り替えるだけで年間約40,000円にまで減らす事ができました。

1年間で4万円ということは、20年間で80万円の節約です!

www.sbisonpo.co.jp

 

新聞を解約する

新聞を解約する人があとを絶たないようですね。

これだけネット社会になれば当然と言えば当然。

最新ニュースもネットですぐに確認できる時代ですからね。

もちろん、僕も解約組。

以前は新聞代を毎月3,100円(年間だと37,200円)支払っていました。

新聞を解約するだけで20年間で約74万円の節約に繋がります! 

 

固定費の削減で得られる20年後の貯蓄額

上の金額を全て足すと分かりますが、固定費を見直しただけで20年間で約550万円も貯蓄できる計算になります。これだけ貯蓄できるなら好きなDIYだって誰からも文句言われず出来ちゃいますよね(笑)

記事の最初に言ってたようにDIYと関係あったでしょ(^^)

って事で、まだ家計の固定費を見直していない方は是非お早めに!!

 

固定費を見直して家計の支出を削減する方法〈まとめ〉

月々の固定費も10年後20年後と考えたらすごい金額になりますよね。

月々だと少額かもしれませんが、見直しを後回しにしていると大金を損する事が分かって頂けたと思います。中でも携帯電話を三大キャリアから格安SIMに変更するインパクトはデカイです!

こちらで紹介した固定費以外にも色々と固定費ってあるはずなので、一度見直してみてはいかがでしょうか。好きな事を長く続けるためにも見直しをオススメします。