Hiroの手作り木工ブログ

木工とは縁のなかったサラリーマンがある日を境に趣味に目覚めてお家雑貨を作り始めたブログです。

【DIY】キャンプ用テーブルの天板をアルミから木製に変えてみよう!

f:id:hiro-secondwork:20190901235523p:plain

 

僕がキャンプで使っているアウトドアテーブル!アルミの天板なんだけど木製に変えるおすすめの方法ってあるのかな?

 

キャンプで必需品と言えばテーブル!

テーブルにもたくさんの種類があって、コンパクトな物やロータイプの物まで色々ありますよね。

 

人気ブランドともなれば費用も高くなります。

妥協して安い物を購入すると後々後悔することも!

 

はい!それ僕なんですよね(^^)

 

安価な物でいいやと思って買ったテーブルは天板がアルミ製。

 

アルミ製も悪くはないのですが、やはり木製の方がお洒落じゃないですか!

 

そこで今回、思い切って天板を木製にリメイクしてみました。

 

もし、僕と同じようにキャンプテーブルの天板をアルミ製から木製に変えたいと考えている方がいれば、この記事を参考にして頂けたら嬉しいです。

 

 

【Before & After】キャンプ用テーブルをDIYでリメイク

先ずは今回のリメイクでどのような変身を遂げたのか【Before & After】からご覧ください。

 

f:id:hiro-secondwork:20190901235536p:plain

 

天板をアルミから木製に変えるだけで雰囲気もガラッと変わりますね。

なんか作っているうちに思い描いていたデザインからどんどんかけ離れてしまい、なぜかオールド感たっぷりのテーブルになってしまいました。

 

デザイン性はともかく、こちらのテーブル。

リメイク方法はそれほど難しくないんです!

 

自分でアルミの天板から木製に変えたい方は、是非チャレンジしてみてくださいね!

 

キャンプ用テーブルのリメイクに必要な道具

さて、何を準備すれば良いのか!?

下の《準備する物リスト》には電動工具が含まれていますが、電動工具が無くてもできる方法を記載しています。

ブログ内にリンクを貼っておきますので参考にしてくださいね。

 

準備する物
  • 木材
  • スライド丸ノコ(ノコギリ・板・クランプで代用可)
  • ヤスリ
  • メジャー
  • (電動)ドライバー
  • オイル、ワックス

準備する物はこれくらい。

 

キャンプ用テーブルの付属品は捨てずに再利用する

できるだけお金をかけず、再利用できる物は再利用しましょう。

画像ので囲んだ黒い付属品とゴム!

僕は捨てずに再利用しました。

f:id:hiro-secondwork:20190819221706p:plain

 

キャンプテーブルの天板をアルミから木製にする方法

f:id:hiro-secondwork:20190901235608p:plain

 

出来るだけ軽い木材を選ぶ

木材の購入はホームセンターでOKですが、せっかく木製にするなら重量にも気を配りたいですよね(^^)

 

木製にリメイクしたけど重たくて持ち運びが大変!

 

そんな事がないように出来るだけ軽い木材を選ぶようにしました。

そこで僕は杉板を使いました。

 

歪みや反りが無い木材を選ぶ

ホームセンターによって木材の品質が異なります。

購入する時は、木材が反っていないかチェックしてから購入するようにしましょう。

 

木材が反っているとテーブルがガタついてしまいます。

購入する際は反りがないかしっかりと確認しておきましょう。

 

折りたたみ式の天板にする為の木材加工

天板を制作する際、収納方法も気になりますよね!

僕は既存の収納袋に収まる様にジャバラ風にしたのですが、そこで気をつけた事はできるだけ「シンプル」に加工すること。

木材加工の手順

僕が考える「シンプル」っていうのは、余計な部品を一切使わないという意味です。

 

要するに…

①寸法通りに木材をカットする

f:id:hiro-secondwork:20190819215730j:plain

 

②ゴムが通る位置に墨付けする

f:id:hiro-secondwork:20190819215748j:plain

 

③スライド丸ノコで深さを変えて溝を掘る

f:id:hiro-secondwork:20190826094025j:plain

 

\合わせて読みたい/

スライド丸ノコが無くてもこちらの記事を参考にしてもらえれば出来ますよ!

www.hiro-secondwork.com

 

④薄い板でカバーする

f:id:hiro-secondwork:20190826094049j:plain

 

穴がどんな感じか一応確認のため見てみましょう!

f:id:hiro-secondwork:20190826094115j:plain

 

うん、大丈夫そうですね。

 

⑤はみ出している所をカットする

f:id:hiro-secondwork:20190826094132j:plain

 

こんな要領で木材を一枚一枚加工していきます。

 

⑥天板の両端にくる杉板を加工する

杉板の側面に5㎜の穴を3㎝開けます。

f:id:hiro-secondwork:20190829104057j:plain

次に貫通させないように杉板の表面に丸い溝を掘ります。

今回使用した杉板は厚みが12㎜なので、僕は深さ7㎜の穴を開けました。

f:id:hiro-secondwork:20190829104117j:plain

 

はい!これで木材加工は終了です(^^)

 

木材に蜜ロウワックスを塗る

今回はキャンプ用の食卓テーブルという事もあって、自然素材で作られたコチラの蜜ロウワックスを使いました。

 

蜜ロウワックスといえば無垢材に使用するイメージですよね。

 

そこで出てくる疑問と言えば・・・

 

オイルや塗料を着色した木材に蜜ロウワックスを上塗りしてもいいの?

 

使ってみた感想は、全く問題なし!

  • うす〜く塗り広げる
  • 拭き取りはしっかり
  • 2日ほど放置する

するとベタベタする事もなくサラッとした感じになりました。

 

天板の付属品を取り外す

f:id:hiro-secondwork:20190829104133j:plain

僕が持っているテーブルには、このような付属品が付いています。

取り外しは簡単でドライバー1本で外すことができます。

 

付属品を外すと中はこのようになっています。

f:id:hiro-secondwork:20190829104146j:plain

 

ゴムは丸結びされているので、こちらを解くと簡単に外せます。

 

ワックスが乾いたらゴムと付属品を取り付ける

ワックスが乾いたら、加工済みの木材に先ほど外したゴムを通していきます。

ゴムを通す時は、裁縫道具の紐通しを使うと簡単です!

黒い付属品は、杉板の表面に開けた丸い穴にはめ込むようにセットすればOK!

 

足部にセットして木製天板の完成 

f:id:hiro-secondwork:20190829111810j:plain

最後に天板をセットすれば木製のキャンプ用テーブルの完成です!

 

折りたたみもOK!

f:id:hiro-secondwork:20190829124249j:plain

 

キャンプ用テーブルの天板をアルミから木製にリメイクする費用

f:id:hiro-secondwork:20190829083212j:plain

上の表は、僕が木製天板にリメイクしたザックリの金額になるんですが 、こうやって表にしてみると意外とお金はかかってますね。

テーブル購入費用とリメイク費用を合わせると、コールマンのテーブルが普通に買えてました(^^)

 

キャンプ用テーブルの天板をアルミから木製に変えてみよう!【DIYまとめ】

f:id:hiro-secondwork:20190901235621p:plain

 

 既存のテーブルの付属品を再利用してアルミ天板から木製にリメイクする方法を紹介してきました。

 

コールマンやスノーピークなど人気ブランドの木製テーブルに買い換えるのもありですが、DIYで世界にひとつだけのオリジナルテーブルを作るのも楽しいですよね^^

 

アルミの天板は飽きたし、木製に変えたいな〜

 

そんな方は、こちらの記事を参考にしてDIYにチャレンジしてみてください(^^)